トップ  
グランドファーザーズについて 新着情報 メニュー 営業情報 レコード情報

新着レコードのご案内−バックナンバー−

●以前のバックナンバー
02年 03年 04年 05年 06年 07年 08年 09年

06年12月
ボブ・ディラン『モダン・タイムス』
5年ぶりのリリース&通算44作目となるとなる御大のアルバム。アルバムチャート初登場1位になるなど、健在ぶりをアピールしてくれました。お奨め曲は『ワーキングマンズ・ブルース#2』。こんなタイトルですが、決してブルース調の曲ではありません。
06年07月
ドノヴァン・フランケンレイター『ムーブ・バイ・ユアセルフ』
J・ジョンソンの前座を努めるなどしたサーファー系シンガー・ソングライターのメジャー移籍2作目です。06年9月には来日ツアーが予定されています。お奨め曲はアルバム・タイトルでもある『ムーブ・バイ・ユアセルフ』です。
06年06月
ジェイムス・ブラント『バック・トゥ・ベッドラム』
イギリス出身で元軍人という肩書きを持つシンガー・ソングライターのデビューアルバムです(CDは05年12月発売)。本アルバムの収録曲『ユア・ビューティフル』が、ドラマの挿入歌やクルマのTV-CMに使われたためか、この曲が店内に流れると振り向くお客様が大勢います。いま、最も旬な曲かもしれません。
06年04月
ケイティ・メルア『コール・オブ・ザ・サーチ』
グルジア共和国出身の女性シンガー、ケイティ・メルアのデビューアルバムです。ノラ・ジョーンズと比較されることが多い彼女。シンプルなサウンドはケルト音楽の影響でしょうか? 透明感のある美しい歌声はおじさんにもうけそうです。
06年02月
ケイト・ブッシュ『エアリアル』
ケイト・ブッシュの12年ぶりの新譜で、全体的に聴きやすい、爽やかな曲の集まりになっています。『キング・オブ・ザ・マウンテン』がシングルカットの曲だと思うのですが、ちょっとつかみ所がない曲なので、私は『サンセット』がおすすめです。
06年01月
スティーヴィー・ワンダータイム・トゥ・ラヴ
スティーヴィー・ワンダーの新譜『タイム・トゥ・ラヴ』で、10年ぶりのニュー・アルバムになります。『ポジティビィティー』では愛娘のアイシャとデュエットしています。CDのアルバムにはハリケーン「カトリーナ」の救済ソング『シェルター・イン・ザ・レイン』がリリースされていて話題になりましたが、残念ながらアナログ盤には入っていません。

Grandfather's
グランドファーザーズ
東京都渋谷区渋谷1-24-7渋谷フラットビル B1F
03-3407-9505
info@grandfather.jp